Recent Submissions

  • 非アルコール性脂肪肝疾患(NAFLD)およびインスリン抵抗性、異脂肪血症、アテローム性動脈硬化症および冠状動脈性心疾患との関連 

    Contributor:Gaggini, M; Morelli, M; Buzzigoli, E; DeFronzo, RA; Bugianesi, E; Gastaldelli, A
    Date:2013-05-10
    要旨非アルコール性脂肪肝疾患は、アルコール乱用を原因としない肝脂肪蓄積を特徴とする。いくつかの研究では、NAFLDがインスリン抵抗性と関連しており、遊離脂肪酸(FFA)の増加に伴う脂肪組織におけるインスリンの抗脂肪溶解効果に抵抗性をもたらすことが実証されている。FFAの増加は、ミトコンドリアの機能不全および脂肪毒性の発生を誘発する。さらに、NAFLD患者の場合、異所性脂肪が心臓および膵臓の脂肪としても蓄積する。このレビューでは、NAFL ...
  • ビタミンD摂取と1型糖尿病のリスク:観察研究のメタアナリシス 

    Contributor:Dong, JY; Zhang, WG; Chen, JJ; Zhang, ZL; Han, SF; Qin, LQ
    Date:2013-09-12
    要旨ビタミンDは、1型糖尿病の予防に効果的であると言われている。 しかし、観察研究の結果では矛盾が見られた。 観察研究のメタアナリシスを実施することによってそれらの関連性を調べることにした。 症例対照研究とコホート研究の両方を初めとした関連研究を特定するために、複数のデータベースを2013年6月に検索した。 統計リスク推定値の計算には、固定効果モデルまたはランダム効果モデルのいずれかを使用した。 小児・若年期のビタミンD摂取および妊娠中 ...
  • ヨーロッパにおけるメタボリックシンドロームと代謝的に健康な肥満の有病率:10の大規模コホート研究の共同分析 

    Contributor:van Vliet-Ostaptchouk, JV; Nuotio, ML; Slagter, SN; Doiron, D; Fischer, K; Foco, L; Gaye, A; Gӧgele, M; Heier, M; Hiekkalinna, T; Joensuu, A; Newby, C; Pang, C; Partinen, E; Reischl, E; Schwienbacher, C; Tammesoo, ML; Swertz, MA; Burton, P; Ferretti, V; Fortier, I; Giepmans, L; Harris, JR; Hillege, HL; Holmen, J; Jula, A; Kootstra-Ros, JE; Kvaløy, K; Holmen, TL; Männistö, S; Metspalu, A; Midthjell, K; Murtagh, MJ; Peters, A; Pramstaller, PP; Saaristo, T; Salomaa, V; Stolk, RP; Uusitupa, M; van der Harst, P; van der Klauw, MM; Waldenberger, M; Perola, M; Wolffenbuttel, BH
    Date:2014-02-01
    要旨背景:すべての肥満者が、2型糖尿病または心臓血管疾患の素因となる有害な代謝プロフィールを有するわけではない。 BioSHaRE-EU Healthy ObeseProjectでは、複数の大規模コホート研究のリスク因子と表現型に関するデータを使用して、(健康な)肥満の作用について理解を深めることを目指している。この研究の目的は、10の参加研究において、肥満、メタボリックシンドローム(MetS)および代謝的に健康な肥満(MHO)の有病率 ...
  • アフリカの妊娠糖尿病:システマティックレビュー。 

    Contributor:Macaulay, S; Dunger, DB; Norris, SA
    Date:2014-06-03
    要旨背景:妊娠糖尿病(GDM)は、その程度にかかわらず、妊娠中に最初に認められた耐糖能障害である。GDMを発症した大半の女性は、出産後に正常な糖代謝に戻る。しかし、その女性はその子孫とともに2型糖尿病を発症するリスクがある。国内のGDM有病率がわかれば、GDMのスクリーニングと管理に関する政策ガイドラインの策定に役立つ他、調査が必要な地域を浮き彫りにすることができる。このシステマティックレビューでは、アフリカにおけるGDM有病率を評価す ...
  • 糖尿病の成人患者におけるレニン・アンジオテンシン系阻害薬の心臓血管および腎臓転帰:ネットワークメタアナリシスによるシステマティックレビュー 

    Contributor:Catalá-López, F; Macías Saint-Gerons, D; González-Bermejo, D; Rosano, GM; Davis, BR; Ridao, M; Zaragoza, A; Montero-Corominas, D; Tobías, A; de la Fuente-Honrubia, C; Tabarés-Seisdedos, R; Hutton, B
    Date:2016-03-08
    要旨背景:レニン・アンギオテンシン系(RAS)を阻害することを目的とした医薬品は、糖尿病患者の心臓血管および腎臓の合併症を予防するために広範に使用されてきたが、臨床効果を比較するデータは限られている。私たちは糖尿病の成人患者の心臓血管および腎臓転帰に対する各種RAS阻害薬の効果を比較することを目指した。方法および知見:対象試験は、PubMed/MEDLINEおよびCochrane Database of SystematicReview ...